自力開業とフランチャイズとの比較

自力開業とフランチャイズ方式との違いは?

「店舗丸ごと応援団プロジェクト」と、自力開業、従来型の「フランチャイズ方式」とはその内容が大きく異なります。

「フランチャイズ方式」は、基本的に本部がリスクを負わずに自社のブランドを暖簾分けして利益を出す仕組みになっています。この場合、個人の負担はかなり大きくなり、そのリスクの大きさゆえに、創業者は資産がある人に限られてしまいます。

一方、「店舗丸ごと応援団プロジェクト」では、創業者個人の負担はゼロ。資金に悩むことなく、店舗運営に集中できる環境が整えられています。一つひとつの実店舗に利益が出て弊社も利益があがるようになっており、従来型の企業優位のフランチャイズ事業とはその目的や仕組みが明らかに異なります。

  店舗まるごと応援団 自力開業
事前相談 創業したい人とどんな店をどんな相手に実店舗を開くかを相談する。業種は問わない。 自分でコンセプト・ターゲットを考え、形にしていく。場合によっては近親の経験者にアドバイスをもらう。
ビジネスモデル 創業者の希望の店舗を創るため、コンセプトブランディングを行う。開店までに、収益力が高まるようブラッシュアップする。
フランチャイズ契約
物件探索 創業者の希望も踏まえ、弊社が周辺マーケティングを行い出店場所選定します。創業者に最も有利な物件を最優先に決定します。 候補地域の調査をし、不動産を探す。
店舗設計・施工 当社が設計・施工を担当。創業者の意向と繁盛店になるための要素を盛り込み設計。設計・施工費については当社でまかなう。
(※1)
設計・施工会社に直接依頼。
※業種にもよるが約1000万円前後が自己負担
開業後 当初は当社社員として店舗運営、経営を学ぶ(固定給、売上に応じて賞与あり)。広告、マーケティングなどは当社でまかなう。 自分で経営を行い、広告・マーケティングなども独自に企画・展開
広告などは実費(自己負担)
暖簾代 独立店舗契約を選んだ場合、暖簾代は利益に応じて変動。
利益が出ない場合は暖簾代は発生しない(※2)
  店舗まるごと応援団 フランチャイズ
事前相談 創業したい人とどんな店をどんな相手に実店舗を開くかを相談する。業種は問わない。 フランチャイズ店システム説明を受ける。
ビジネスモデル 創業者の希望の店舗を創るため、コンセプトブランディングを行う。開店までに、収益力が高まるようブラッシュアップする。 既定のビジネスモデルに沿う。
フランチャイズ契約 自己資金を払い、フランチャイズ契約を結ぶ。
※通常300~500万円(実経費別途要)
物件探索 創業者の希望も踏まえ、弊社が周辺マーケティングを行い出店場所選定します。創業者に最も有利な物件を最優先に決定します。 基本的に、希望物件を持ち込むか本部と一緒に探す。
※物件取得の実経費(仲介手数料など)は自己負担
店舗設計・施工 当社が設計・施工を担当。創業者の意向と繁盛店になるための要素を盛り込み設計。設計・施工費については当社でまかなう。
(※1)
提携している施工店にて設計・施工。
※通常、基本規格品が用意されており、500万円~1500万円が自己負担
開業後 当初は当社社員として店舗運営、経営を学ぶ(固定給、売上に応じて賞与あり)。広告、マーケティングなどは当社でまかなう。 本部によるフォローアップあり。
※販売強化品などの販促商品などを購入(自己負担)。広告などは実費(自己負担)
暖簾代 独立店舗契約を選んだ場合、暖簾代は利益に応じて変動。
利益が出ない場合は暖簾代は発生しない(※2)
月額固定にて決められる場合が多い。※自己負担

ページの先頭へ戻る